男の子は母親に似て、女の子は父親に似る?

   2015/03/02

男の子は母親に似て、女の子は父親に似る
男の子は母親に似て、女の子は父親に似る。昔からよく言われている話だ。さて、本当なんだろうか。そんな医学的根拠があると聞いたことはない。ただ、子は親に似るから、そういうこともあるのかと思ってしまう。そのからくりについてスケプティクスの立場から考えてみた。

6日、タレントMEGUMIが都内の病院で第1子となる約3000グラムの男の子を出産した、と所属事務所が発表した。

予定日より4日遅かったが「母子ともに元気で、新しい家族が加わりましたことを家族一同大変喜んでいる」という。ということは帝王切開ではなく自然分娩なのだろう。

ところで、子供が生まれるとお約束のようにこんな話になる。

「やっぱり男の子だから、母親似よね」

子が親に似るのは当然として、それは本当に「やっぱり男の子だから」なんだろうか。「男の子は女親に似て、女の子は男親に似る」というのは定説のようになっているが、それを実証するデータも、そのような遺伝の仕組みを発表した論文も聞いたことはない。

要するに、科学的根拠のない言い伝えのひとつに過ぎない。ただ、そんなふうに見ると、そう見えなくもない気がするから不思議である。

論文がないというのは、ある意味当然のことで、何となれば、「似ている」というのは主観に過ぎないのであり、客観的に、つまり定量的に似ているかどうかを決めるのは難しい。要するに客観的な正解がないのだ。

たとえば、赤ん坊の鼻の高さが両親どちらの鼻の高さに近いか、なんて判定はできない。

耳と目の形が父親に似て、口と頭の形が母親に似ている場合、どちらに似ていると思うかはもう見る人によってわかれるだろうし、どちらを正解ともいえないだろう。

人によっては、男性のY染色体は遺伝子が少ないので、母方のX染色体の性質が強く現れ、一般的には男の子は母親に似ることが多くなるなんていう説を唱える人もいるが、それは何とも心許ない話だ。

そもそも性染色体で顔の形質が決まるわけではないだろう。

子どもは両親の遺伝子を受け継ぐが、簡単に言えば2人の遺伝子をシャッフルして受け取る。だから、形質も性格も単純にどっちに似るということではなく、双方のものを受け継ぎつつも独自の存在ができるのだ。

では、どうして「男の子は母親に似て、女の子は父親に似る」ように見えるのだろうか。

思うに、乳幼児期の顔は、男性の顔、女性の顔、というよりも「子どもの顔」、いわば中性的な顔である。

その段階で見れば、男の子を「男性の顔」として見れば女性的に見えるし、女の子を「女性の顔」として見れば男性的に見えることがあるのではないだろうか。

そして、その「女性的」「男性的」な部分は、親の遺伝子からできているのなら、男の子ならば父親との違いが印象強く見えて「母親に似ている(ような気がする)」ことになり、逆に女の子ならば母親との違いが印象強く見えて「父親に似ている(ような気がする)」ことになる。

もちろんこれも科学的なお墨付きなどもたない私の推測に過ぎない。

みなさんはどうお考えだろうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。