緑茶の効用

   2015/04/25

緑茶の効用

緑茶。地味ではあるが、私たちの生活には欠かせない飲み物である。接待用に、食後に、休憩や気分転換に、贈答にと用途は広い。それだけ親しまれている緑茶は、健康効果もしばしば取り沙汰される。では、本当に健康効果はあるのか。あるなら具体的にどう効果があるのか。今回はそれについての記事をご紹介しよう。

スポンサーリンク↓

「日刊ゲンダイ」(2009年4月6日付)で林輝明・中国長春中医薬大学名誉教授が、「病気を防ぐ身近な食材 お茶」というコラムを書いている。ここでいう「お茶」とは、「緑茶(日本茶)」のことだ。

お茶のエビカテキンというタンニン質は、老化の原因となる血管を傷つけ動脈硬化を促進する活性酸素の働きを強く抑え、血中の過剰なコレステロールや中性脂肪を除いてくれます。その効力はビタミンEの50倍以上もあります。
 
また、毛細血管を強化するビタミンP(ルネン、ケルセチン)を多く含み、脳出血などを再防。加えて約3・5%食まれるカフェインは、脳の血管を広げ、頭への血行を促進して栄養の補給をよくし、大脳を軽く興奮させて疲れをとって脳の老化も防いでくれます。

 さらに緑茶は美肌をつくるビタミンCの宝庫。新茶の煎茶100グラム中には、ミカンの約7倍の250ミリグラム、番茶でも約4倍の150ミリグラムを含みます。しかし、同じお茶でも半発酵茶のウ一口ン茶は8ミリグラム以下、紅茶は発酵で分解され全く含まれていません。


これまでもいわれてきた緑茶の効用である。

また、コラムでは緑茶でよく言われる利尿効果が、テオブロミンという成分に拠ることにも触れている。そのタンニン成分には殺菌、消臭力があり、「番茶でうがいをすると、風邪の予防に役立」つと指摘し、「寿司屋で必ずお茶を出すのは、魚の生臭さを消すため」と教えてくれている。

スポンサーリンク↓

薬理的な効用を書いて薬事法違反にならないのか、と心配される向きもあるだろう。昨今、健康食品(サプリメント)については記述がかなりうるさくなってきている。が、工業的食品と違い、農産物についてはこうした表現はめずらしくない。

さらに、緑茶については抗がん作用があるという考察をする論文もいくつか出ている。こちらについては、根も葉もない話ではないが、引き続き慎重に研究を見守る必要があると思う。

いずれにしても、緑茶やカテキンは大量に摂取すればいいわけではない。カテキンだけを抽出・精製して摂取すると、殺菌力のある科学物質になり人体にも有害といわれる。カテキン摂取目的に緑茶として大量摂取しても、混在するカフェインの影響で頭痛、神経興奮作用、利尿作用、血圧上昇などが現れる可能性がある。

食べ物は、「毒」と「クスリ」が紙一重で存在し、作用する。効果を期待し、そればかり口にすると、その弊害が必ず生じる。

健康効果を喜びつつも、効果を狙った過剰な飲用は避け、純粋に緑茶のおいしさを楽しみたいものである。

【緑茶の効用関連記事】
緑茶はがんの予防に有効か
緑茶の「リラックス効果」について
「権威」に負けない懐疑の眼を

健康によいとされる食材やサプリメントについては、『健康情報・本当の話』(楽工社)に詳しい。

健康情報・本当の話

健康情報・本当の話

  • 作者: 草野 直樹
  • 出版社/メーカー: 楽工社
  • 発売日: 2008/05
  • メディア: 単行本

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。