WT1ペプチドを用いた免疫療法

   2015/04/26

WT1ペプチド

WT1ペプチドを用いた免疫療法をご存知だろうか。NPO法人グループ・ネクサス(悪性血液疾患の患者会)のメーリングリストで、「WT1ペプチドを用いた免疫療法」の第1/2相臨床試験について紹介されている。

WT1ペプチドによる治療は、現時点でもっとも期待されているものといっていい。

同臨床試験は、「所定の要件を満たす、悪性固形腫瘍、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、または急性白血病の患者さんを対象として、岩手県、埼玉県、東京都、石川県、大阪府、高知県で行われる。

実施責任組織は、大阪大学大学院医学系研究科癌ワクチン療法学講座である。

参加できる基準は、

・標準的治療法では有効性が期待できない

・WT1遺伝子が発現されていることが最低1回は証明されている

・HLA型がHLA-A*2402であること

などいくつかある。

スポンサーリンク↓

利益やリスクが明らかでない試験段階のものだが、新しい治療の恩恵を一足早く体験できる機会でもある。

担当医と相談して、参加されるかどうか判断すると良いだろう。

・WT1ペプチドを用いた悪性固形腫瘍に対する免疫療法の第1/2I相臨床試験
(UMIN-CTR)(医療関係者向け)
https://center.umin.ac.jp/cgi-open-bin/ctr/ctr.cgi?function=brows&action=brows&type=summary&recptno=R000002437&language=J
・WT1ペプチドを用いたガンの免疫療法
(大阪大学大学院医学系研究科癌ワクチン療法学講座)
http://sahswww.med.osaka-u.ac.jp/~hmtonc/vaccine/index.htm

健康情報・本当の話

健康情報・本当の話

  • 作者: 草野 直樹
  • 出版社/メーカー: 楽工社
  • 発売日: 2008/05
  • メディア: 単行本

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。