西川史子氏・田嶋陽子氏の「虚」

   2015/04/27

西川史子

西川史子氏・田嶋陽子氏の「虚」というタイトルで書かせていただく。個人名をタイトルに掲げて真っ向斬りつけるような書き方は筆者は意外と少ないのだが、今回の方々は、政治家であったり、マスコミで名前を売る立場であったりするので、きちんと名前を出して論じてもいいだろう。

女医でタレントの西川史子婚約が報じられている。

タレントだからあえて書くが、筆者は西川史子が好きではない。

正直言って、筆者は西川史子のヘビ顔から発する暴言が生理的に耐えられなかった。

命を預かる医師を名乗る彼女が、時津風部屋の弟子殺人事件をテレビ番組で取り上げた時、こんなコメントを発している。

「格闘技だから、教育するとかって意味では、暴力(容認)ではないけど”しごき”っていうのは必要だと思うんですね」「(”しごき”の加減は)亡くなってみないとわからないじゃないですか」

コメンテーターの全員が一律に”正しい発言”をすることに違和感がある人にとって、西川史子のキャラはさぞかし面白く頼もしい存在だったろう。

しかし、西川史子が本当に医師免許を持っているのなら、この発言だけはまずいのではないか。

医師の治療は、その判断次第で、結果として患者を死亡させることだってある。

にもかかわらず、「亡くなってみないとわからないじゃないですか」などと公共の電波で「医師」が暢気にコメントする光景は、「未知の治療なら人が死んでも仕方ない」といわんばかりの医療倫理観が窺え、筆者には戦慄がはしった。

高須基仁氏は、姫井由美子氏という参議院議員に対し、こう苦言を呈している。

「学芸会のような虎退治劇で、自民党の片山虎之助前参院幹事長を破って当選したころまでは”姫の虎退治”はもてはやされた。ドタバタ劇の行き