牛の白血病は牛乳経由でヒトにうつるか?

   2015/04/30

牛の白血病
牛の白血病をご存知だろうか。ここのところ、身近で話題になっているのが、白血病牛の牛乳を飲んで白血病がうつらないか、という話だ。チンパンジーに白血病牛の生乳を飲ませたら白血病になった、という話が出所らしい(筆者はその本をまだ読んでいない)

牛の白血病で問題にされているのは、リンパ球に感染するレトロウイルス。

これは宿主を選ぶため、牛のレトロウイルスが人のリンパ球に感染することはない、という前提があるから、「感染の危険性」は医学的に議論のしようがない。

だから、専門家に話を聞いても無駄なので、この件については何も確たる情報はない。

同じように、猫にも猫白血病があり、人にも成人T細胞(HTLV-1)という白血病を起こしうるレトロウィルスがある。

ヒトの成人T細胞感染は最近増えていると話題になってはいるが、その原因は地域性と母子(母乳)感染で説明が付き、牛乳がたくさんの人に飲まれているから、という因子が考慮される余地はない。

スポンサーリンク↓

ただ、BSEが「種の壁」をぶち破って人がプリオン病を発症したように、牛のレトロウィルスが人に絶対に感染しないとはいいきれないのではないか、という主張、というか不安もある。

ウイルス性白血病の治療法は確立されていないから、不安を持つこと自体がおかしいとは思わない。

もとより、科学(医学)は相対的真理の長い系列にある。より高い次元で既説が否定されることはある。今「ない」とされていることがひっくりかえることがないとはいえない。

どんなことでも「ひょっとしたら」という可能性を頭から否定するのも科学的態度ではない。

では、かりに「種の壁」がぶち破られるものとしたらどうだろう。

それでも、感染の可能性はきわめて低いのではないか、と筆者は考える。

まず、生乳と牛乳には決定的な違いがある。

私たちが通常飲む市販の牛乳は、超高温瞬間殺菌といって、130度で2秒殺菌するが、この殺菌の前に85度で5分間予備加熱をする。つまり、牛乳の殺菌は実は2段階で行われている。

よく、乳製品の原材料に、牛乳ではなく「生乳使用」と書かれているものがあるが、殺菌工程のない乳製品はあり得ない。

ここで、もし万が一奇跡的に残ったものがあっても、乳製品は長く冷凍される。冷凍も宿主殺しに有効とされる。

また、量の問題もある。このウイルスは、微量でも直ちに感染、というほど強いものではないようだ。

たとえば、ヒトの成人T細胞感染は母子間感染率が20%。断乳が原則だが、授乳を強く希望する場合には「3ヵ月以内の短期授乳」を指導されている。

スポンサーリンク↓

授乳が絶対ダメというわけではないというのは、直ちに感染するわけでもないということだろう。

つまり、3か月以上長期間連続摂取にして本格的なリスクがあり、5人に1人「だけ」感染するとも解釈できる。

0から3か月程度の乳児なら、1回の母乳で15ー20ccを6?7回で1日約100ccほど日々繰り返し飲む。

乳児は日ごとに大きくなって飲む量も増えるのだが、あえて少なく見積もるためそのまま単純に計算して3か月で合計約10000cc。消化管も脆弱で腸からの吸収が敏感、かつそれを唯一の栄養源としている乳児ですら、そのくらい飲める程度の感染力なのだ。

そこで改めて考えるが、そもそも感染生乳由来の牛乳を毎日繰り返し飲むということはあるだろうか。

乳製品はいろいろあるが、そのすべてが同じ生乳由来というわけではないだろう。

実は白血病感染牛の増加も昨今畜産業界で問題にはなっているのだが、筆者は具体的な数字は出せないものの、決して白血病まみれになっているわけではないだろう。

病気牛は出荷しないので、もしそうなっていたら牛関係の業者は全滅するだろうから。

もちろん、ヒトのウィルスよりも牛のウイルスの方がずっと生命力も強く、感染や発症もしやすい特性を持っている、という可能性も絶対にないとはいえないから、そうなると今まで書いた推理も意味が無くなる。

が、もし「感染率が20%」であるヒトの成人T細胞よりも強く感染しやすいウイルスなら、今頃牛ウィルス由来の白血病感染者は、それこそ年間600ー700人という成人T細胞ウィルス性白血病発症数を確実に上回っているはずだから、統計的医学的に無視できるはずがなく、まあそれはないだろうと考える。

この件詳しい方で、「いや、でもリスクは高い」と思われる方、ご意見頂きたい。

コメント

milklove :

日本は超高温殺菌が主流だし、今まではチーズもプロセスチーズが主流だったんで、よかったと思いますが、

問題は最近のよくわからん”健康ブーム”。

非加熱殺菌牛乳を健康だとして売りにしている所や、牛の初乳を栄養があるとして売りにしてる企業が出ていることだと思いますよ。

あと近年の低温殺菌ブーム。日本で、低温殺菌を厳密に行っているか調査をしたら、温度管理が悪い企業が少なからずあったという報道があります。

となると、そのへんの管理が心配ですよね。

牛の病気は白血病だけじゃないので、低温殺菌でも温度管理の厳密さが問われると思いますが、そのへんの管理やチェックが消費者にはベールがかかってるので、疑問が出てくると思います。

牛乳だけじゃなく生クリームやチーズも製造されてますから。

注射器の共用や代用乳(初乳)管理の悪さなどで蔓延するんですよね。大量の乳をまぜて製品を作る現在の製造業のリスクを考えると、雪印牛乳の大量食中毒発生事件を防ぐように業界は最大の危機意識を持たねばならん時期なのではないですか。

このコメントへの回答
現場を見ないと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。