京都第二赤十字病院 市民公開講座

   2015/05/03

京都第二赤十字病院
京都第二赤十字病院で市民公開講座が行われるというリリースがあった。京都第二赤十字病院といえば、日本赤十字社京都府支部が開設する病院である。テーマは喉頭がんと血液のがんについてである。我が国では、がんというと、肺がん、胃がん、大腸がんなどが多いが、喉頭がんや血液のがんもあなどれない。

京都第二赤十字病院 市民公開講座
http://www.kyoto2.jrc.or.jp/con_05/class.html

日時:平成22年3月20日(土)13時30分?15時30分
場所:京都第二赤十字病院 C棟6階会議室
会費:無料

「喉頭がん」
京都第二赤十字病院 耳鼻咽喉科医師 板東秀樹
「血液がん」
京都第二赤十字病院 内科部長 小林裕

〔お申込み〕
どなたでも聴講可能です。
参加を希望される方は、
電話又はFAXで下記申込先へご連絡ください。
(当日参加もできます)

〔主催〕
京都第二赤十字病院

〔お問い合わせ〕
京都第二赤十字病院 地域医療連携室
TEL:075ー212ー6186
FAX:075ー212ー6358

喉頭がんは、喫煙歴と高い相関があるといわれる。また、喫煙歴のない場合には胃液などの逆流による慢性刺激が誘因といわれている。

治療は、喉頭の一部を切除する部分切除、手術が行えない場合には、放射線と抗がん薬治療を同時に組み合わせて行う場合もある。

血液のがんとは、悪性リンパ腫や白血病などである。悪性リンパ腫は、悪性度やタイプによって全く治療法が変わってくる。また、白血病も急性と慢性、骨髄性かリンパ性かによって治療法も予後も変わってくる。

それだけに、きちんとした知識を持ちたいものである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。