日弁連のシンポジウム、その他コメント

   2015/05/03

その他コメント
日弁連のシンポジウムのお知らせを以前行った。テーマは「身の回りの電磁波とその問題」。それについて、コメントをいただいたので、今回はそれをご紹介したい。

まず、コメントを引用させていただく。

電磁波をキーワードにこのブログを拝見。
紹介の日弁連のシンポジウムを聴講してきました。

その中で、メモを取ることができた範囲で、シンポジウムの
内容を私のサイトに掲載してあります。


記事にリンクもつけておこう。

日弁連のシンポジウム「身の回りの電磁波とその問題」

もうひとつのコメントもご紹介しておくと、この件で、私が「クスッと笑った」と書き添えたところ、「欧州では笑いごとではないようです。」とコメントされた。

これは残念ながら誤解がある。

「笑った」といっても、電磁波を議題にしていることそれ自体を笑ったわけではない。

スポンサーリンク↓

電磁波のシンポジウムのお知らせで、「電磁波に過敏な方の来場が予想されますので…」という断り書きを添えたのは、コピーとして出来すぎだな、うまいな、という意味で「笑った」のである。

いずれにしても、不謹慎ということならお詫びします。

電磁波は冷蔵庫の裏は気をつけろ、なんて言われているが、そのへんは筆者も心配だ。

筆者の仕事場の隣は長屋のように密着していて、隣の人は町内の仕事もしない人である。

要するに、人と付き合うのがお嫌いな人のようなので、人間関係も作れず、中の事情も聞けない。

筆者が寄っかかっている、その壁の向こう側が、隣家の冷蔵庫の裏だったらどうしよう、なんて考えることはある。

でも、ついクセで寄っかかってしまうのだが(笑)

リスクの研究が専門の中西準子氏だって、アルミを用心して、鍋を全部買い換えたというし、予防原則は筆者は否定しない。

でもバイオラバーは買わないが……。

バイオラバーについても、新たに一件コメントが入った。

バイオラバー事件、「医師のコメント」を読んでやってください

くだんの医師が、サイトの中身を消したことに賛成が出来ないという。

なら、別に筆者の記事に反対ではないと思うのだが……。何がいいたいのだろう。

まあ、ナンでも文句があったらどんどん書いて下さい。

気が向いたら反論を書きます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。