「理系」と称する「ら抜き言葉は間違い」批判

   2015/05/05

「理系」と称する「ら抜き言葉は間違い」批判
「理系」と称する人から、「ら抜き言葉は間違い」という批判がきた。わざわざ「理系」と称するところは、このサイトを趣旨を斟酌した上で皮肉っているつもりだろうか、ら抜き批判批判とともに、その皮肉も皮肉になっていないので、一応今回はそれにお答えしようと思う。

いやいや、すごいね、「ら抜き」の記事で「はてな」のブックマークが370超。
週に1度の更新がやっとの、SEO対策をロクにしていないこのブログが、これだけでページランク4になりそうだ。

あまりにも多いコメントのため、ひとつひとつ答えていくだけの余裕がなくなってしまったから、書いてもらって悪いのだが、ただ、コメントの内容としてはどうなのかな。

いちばん新しい、「理系」と称する人のコメントが”力作”なので一言だけしておくと

>「ら抜き言葉は間違い」というのは私もおかしいと思います。

そもそも、ここがズレている。
元の記事が、ら抜き言葉が正しいか間違っているかという
議論を求めているのか、興奮して長文を書く前に
もう1度よく読んで頂きたい。

「ら抜き言葉」を「正しい」と言い張るくだらなさ
「ら抜き言葉」問題で「目くじら」乱発

私「も」おかしいという書き方は
肯定派vs否定派の論争のつもりかな。
それも違っている。

なんとなれば、そういう意味で書いているわけではないと次の記事で断っているのだが。

「理系」というハンドルネームでの書き込みから見ると、
もしかしたら、論争ではなく、過去の記事を斜め読みして
筆者個人を挑発しているのかもしれないけれど
この問題、別に文系とか理系とか、関係ないだろう。

いや、待てよ。
あ、そうか、
このコメントは、一見「反論」を書いているようだが、
実はその逆で
「理系」はいかに読解力がないか
というネタを振ってくれているのかな。

要するに、挑発じゃなくて、むしろ空気を読んでいるつもりか。

深すぎて私にはわからなかったよ。

でも、それもありがた迷惑だなあ。
いずれにしても、文系vs理系の論争になってしまうのは困るし。

なぜなら、それは不毛だから。
馬場派vs猪木派の論争と同じで(笑)

当事者は楽しいが結論は絶対に出ない。
マニアは永遠に楽しめるってやつね。

意見の応酬を楽しむこと自体が目的化するやりとりは、趣味も仕事も生きる目的もなく、時間的にも精神的にも限りなく暇な人ならいいけど、少なくともこちらは望んでいない。

「目くじら」乱発を読んでいるとは思えない独白コメントは、今後は公開しないので、書いて貰って申し訳ないけど、そのへんはもう少し建設的なコメントを求めたい。

たとえば、ら抜き言葉が好きで仕方ない人たちは、ではどうやって市民権を得るのか、その提案というか構想の方を、ひとつよろしくお願いします。

【その後のら抜き言葉問題関連記事】
「ら抜き言葉」騒動はいよいよ終結か
「普通の人」の怖さ、「ら抜き」記事に対する異常なコメント

コメント

理系 :

私は別に挑発しているわけでも論争したいわけでもありません。記事自体がそうゆうことを求めてないことはわかっていました。ただコメントを見る限り私の意見と多々すれ違う部分があったので個人的な意見を書かせて頂いただけです。不快な思いをさせて申し訳ありませんでした。
2010年9月 6日 01:40


TM :

理系という名前以前に名指しで書くこと自体ルールとしてどうかと思いますよ……
2010年9月15日 21:01


〆 :

どうでもいいだろそんな事。醜い。
2011年9月 8日 22:37


文法にうるさい馬鹿2号 :

「ネタ」のような倒語を使うのはしだらがない若者言葉だ。種なら種と言えば良い。

ブログとは何だ。幼児的な略語を使わずウェブログと言いなさい。

vsなどという単語はない。
versusの省略形のつもりならきちんとピリオドをつけなさい。
2012年10月25日 16:19


芋:

何にしても、このブログ主は弁護士でもやった方がいいね。
読む人の理性を破壊して、矛盾や論理破綻を述べさせる弱点を心得ている。
でなかったら、事の賛否に関係なくこれだけ反論は書かれない。
2013年01月25日 10:20

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。