野菜のカロテノイドが加齢黄斑変性(AMD)の発現リスクを低下

 

野菜のカロチノイド
野菜のカロテノイドが加齢黄斑変性(AMD)の発現リスクを低下する、という考察ができる疫学調査を『東京スポーツ』(2015年12月3日付)が行っている。もちろん、野菜は目にいいといっても、スケプティクスな立場から述べれば、食べ物はいいところと悪いところがあり、もとより食べ過ぎはなんにせよ推奨されることではない。

スポンサーリンク↓

が、人間の体に野菜の摂取は不可欠であるから、その理由付けとして頭の片隅にでも置いておく価値はありそうだ。

これまでにも、たとえば眼精疲労やドライアイに良い栄養素・食材というのは取り沙汰されてきた。

たとえば、ブルーベリーなどに含まれるアントシアニン。視覚情報を伝えるたんぱく質「ロドプシン」の再合成をサポートするといわれている。

ビタミンAは、涙の生成に重要な働きをする粘膜の形成・修復を助けるとされている。

ビタミンB群(ビタミンB1、B2、B6、B12)は、全体が相互に作用して、目の周辺の筋肉の疲れを和らげたり、目の粘膜を正常化したり、水晶体の代謝と免疫機能を高めたり、視神経の機能を正常にしたりするといわれている。

ビタミンEは、血行促進作用による疲れ目やドライアイの防止や老眼予防に効果的と言われている。

さらに、亜鉛は視神経の伝達をサポートし、皮膚や粘膜の健康維持を助けるとされている。

それらを豊富に含むのが野菜というわけだ。

ところが、今回の疫学調査は、それらとは異なる要素が注目されている。

カロテノイド(カロチノイド、carotenoid)という天然色素である。

微生物、動物、植物などにカロテノイドが同定されているといわれている。

それが、加齢黄斑変性(AMD)の発現リスクを低下するというのだ。

カロテノイドに加齢黄斑変性(AMD)リスク低下

そこで、『東京スポーツ』(2015年12月3日付)の「最新研究医療リポート」には、「やっぱり野菜は目にイイ!」という見出しでこう報告されている。

スポンサーリンク↓

 高齢社会が進行して目の病気、特に加齢黄斑変性(AMD)の増加が話題になる今日このごろ。以前からも言われていたが、野菜・果物に豊富なカロテノイド(野菜等の色素成分)をたくさん取れる食事が発現リスク低下と関連することが示された。医学誌「BMJ」などで発表された研究だ。
 同誌などによると、研究は米ハーバード大医学部の公衆衛生学チームが主導。10万2000人以上が参加した医療関係者ヘルススタディーのデータを分析、20年以上にわたって追跡調査した。対象者は女性約6万3000人、男性3万9000人でいずれも50歳以上。期間中に約2500人がAMDを発症したが、カロテノイドの摂食との関係を統計的に調べると、とくにルテイン、ゼアキサンチンをよく取ることでAMDの発現リスクは約40%低下、βカロテン等のカロテン類でも25~35%の低下が判明したという。

ということだが、もちろん、だからとって野菜「ばっかり食べ」がいいということではない。

「「がん」と抗酸化サプリメント、2つの気になる関係」でも書いたが、たとえば、ビタミンEは、前立腺がんを増やすという報告がある。

βカロテンには肺がんが増えたという報告もある。

「がん」と抗酸化サプリメント、2つの気になる関係

もちろん、これはサプリメントの話で、食べ物の話ではない。

ただ、食べ物というのは、人間にとってのメリットだけではなく、「害」も「益」も含まれていることも確かだ。

「益」を補完したり、「害」を相殺したりするためには、いろいろな食材をバランスよく摂取しなければならない。

人類の悠久の歴史の中で、それは経験的に蓄積されてきたノウハウである。

私達の食べている標準的な食事は、だてや酔狂で構成されているわけではない。

スケプティクス(懐疑的)に述べれば、目が悪いからといって、とにかく野菜だけ食べればいい、というわけではない、という釘も刺したくなる。

つまり、野菜に目を良くする効果があったとして、それを引き出す役割が、野菜以外の食材にあるかもしれないからだ。

疫学調査、とくに食べたり飲んだりする調査は、交絡因子の判断がむずかしい。

野菜を積極的に摂取すること自体はいい。その際、「目にもいいらしいね」と心の片隅でつぶやく程度の認識でいいのではないだろうか。

健康情報・本当の話

健康情報・本当の話

  • 作者: 草野 直樹
  • 出版社/メーカー: 楽工社
  • 発売日: 2008/05
  • メディア: 単行本

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。