健康情報一覧

『爪もみ』安保徹氏の遅れた訃報がアノ憶測を呼んでいるが……

『爪もみ』の抗がん健康法を覚えているだろうか。というより、今も「現役」の健康法かもしれない。スケプティクス(懐疑的)の立場から見れば、一言して置かなければならない健康法だが、推進者の安保徹氏が亡くなったことで、まるで抗がん剤業者と戦う勇士が抹殺されたかのような想像も一部ではあるようだ。

ストレッチングボードEV、脳障害と可塑性の関係を裏付ける器具

『ストレッチングボードEV』(アサヒ)という健康・リハビリ器具がある。健康器具と聞いただけで否定したがる自称オカルト否定派もいるかもしれないが、スケプティクス(懐疑的)な立場というのはそうであってはならない。ストレッチングボードEVと脳障害の可塑性の関係について考える。

皮肉は認知症リスク?懐疑的精神を上手に発揮する

皮肉は認知症リスクがあるという記事が話題になっている。『日刊ゲンダイ』(2017年2月22日付)では、「皮肉屋はボケやすい 脳の活性化促す「笑い」でリスク回避」というタイトルで、脳と皮肉の関係について書かれている。スケプティクス(懐疑的)な視点からいつものように見ていこう。

『ガッテン!』のコラーゲン、糖尿病、美肌、血栓に関する虚実

『ガッテン!』といえば、NHK水曜ゴールデンタイムの健康情報番組である。今日発売された『週刊文春』に、『NHK「ガッテン!」を信じるな』というスケプティクスな記事が出た。コラーゲン、糖尿病、美肌、血栓に関する番組を振り返ってその怪しさを検証しているのだ。

『ガッテン!』またやった!「睡眠薬で糖尿病治療」再放送を中止

『ガッテン』(NHK)という健康情報番組が、ある睡眠薬を飲むことで糖尿病の治療や予防ができるなどと番組内で明言したことについて、番組公式サイト上に謝罪文を掲載。再放送を中止した。スケプティクス(懐疑的)な立場から見れば、この番組は過去にもこうした過ちをやらかしている。今回は、そのことも含めてまとめておこう。

朝バナナダイエットの方法がいまだに廃れないが本当に有効?

朝バナナダイエット、というものがひと頃流行した。朝にバナナを好きなだけ食べると、脂質や糖質の代謝を促すビタミンBと、便が出やすい食物繊維によって、ご飯を食べてもダイエットになる。そんな話がまことしやかに巷間広がったものの、いつしか萎んだが、完全に廃れたわけではないらしい。

夜更かし、夜勤のある人は心臓病を引き起こしやすいか

夜更かしや夜勤のある人は、生活習慣病を引き起こしやすい、という話を聞いたことはないだろうか。具体的にはがんや心筋梗塞、糖尿病などである。しかし、スケプティクス(懐疑的)に考えてみると、交代制勤務で働いている人、夜型で夜更かしぐらいが生活リズムのちょうどいい人などはいったいどうなるのか、

「水素水」をめぐる科学と価値とニセ科学のハザマ

「水素水」が昨今話題になっている。結論から述べると、活性水素なるものは科学的に承認されていないトンデモで疑似科学。それを、さも科学的根拠があるように喧伝するのなら、それはニセ科学である。しかし、スケプティクス(懐疑的)に考えると、だから科学的でないものは全て否定すべきかというと、人間の価値観や生活というのはそう単純ではないのだ。