健康食品一覧

フコイダンの書籍が出るそうです

フコイダンと吉田年宏医師についてはこれまでにも記事にしたことがありましたが、今回またとりあげることになりました。フコイダンの書籍を上梓されると伺ったからです。吉田年宏医師は、通常の診察と治療を行い、「がん治療は生易しいものではない」として、通常治療から逃げて健康食品に頼ることに反対していますが、であればなおさら、どうしてフコイダンなのか、ということが気になります。

来年の流行健康食品は「梅」か

梅は医者いらずなどと言われることがある。強力な抗菌力と成分のクエン酸で、食欲増進や疲労回復、口臭などにいいといわれている。もっとも、医者要らずの食材はほかにもたくさんあるが、病院は存在するから、食材は万能ではない訳だが、それはともかくとして、来年の流行健康食品は「梅」か、という話である。

サンミネラル(超ミネラル水)をめぐる変な動き

サンミネラル(超ミネラル水)という、花崗岩を原材料とする健康食品がある。花崗岩の中に含まれるミネラル成分を、硫酸を使ってミネラルイオンとして溶かして希釈し摂取するというものだ。疑似科学批判者は、健康食品はとりあえず懐疑しようという立場であり、そこに文句をつけるつもりはないのだが、ちょっと奇妙な経験をしたので書き留めておこう。

「健康食品に副作用なし」という宣伝を調べる

健康食品のサイトで宣伝を見ると、しばしば次のようなくだりを見かけることがある。「これは薬ではなく食品ですので、いくら召し上がっても副作用はありません」。医薬品は用法・用量が決まっているが、健康食品は食べ物なんだから、そんなこと気にせずどんどん食べてどんどん買ってくれ。ということのようだ。

健康食品で「治療」した人はどうなったのか?

健康食品で治療した人がその後どうなったか。とりわけ、「抗がん」を売り物にする健康食品の宣伝を見ると、どんな難病でも奇跡の回復ができるように書かれている。そのイメージを補強するために、そこには必ず使用者の体験談や、もっともらしい僅かなデータが掲載されている。しかし、「その後」が報告されることは殆どない。

健康食品はがんを克服するのか、立川談志と健康食品について書いてみた

健康食品はがんを克服するのか。まあ常識的に見て「しない」と普通は回答するだろう。では、なぜそれでも抗がん健康食品は売れるのか。売る側のやり方が上手いこともあるし、買う側の価値観の問題もあるだろう。ということで、今回は立川談志と健康食品について書いてみた。