血液型性格判断で保母不在の保育

   2015/02/16

保母不在
血液型性格判断には何ら合理的根拠がないにもかかわらず、それを性格調査に用いるこっけいさを書いたが、血液型による性格判断はこうした「お遊び」と「調査」だけではない。かつて、東京都の医師による血液型症候群批判の投書が新聞に載り、しばし論争が続いたことがある(85年8月24日付「朝日」)。

スポンサーリンク↓

その人の診療所に、入園・入学児童の親が、学校や幼稚園の指示で子供の血液型検査を依頼しに来るが、血液型の検査など「不要である」というものだ。

「血液型は親子関係や人定の確認と、輸出の場合のみ必要」なのであり、輸血などでも実際に行う段階で改めて調べるから「血液型検査」は「廃止すべき」だと投書にはある。

普段、何気なく書類の血液型記入に私たちは応じているが、もっともな話だ。

医学的な利用ではない自己紹介に血液型が書かれているものがあるが、何でそんな無意味な、もとい、有害なことをしているのだろうか。

投書にあるように、血液型による性格判断は、実際の教育実践の場にも堂々と持ち込まれている。

スポンサーリンク↓

たとえば京都市上京区の西陣保育園では、血液型の違う保母さんにクラスを担当させていることが、しばしばマスコミでも取り上げられた。

同園では、園児の血液型ごとに模様の違うシャツが置いてあり、園児にそれを着せて血液型による違いをはっきりさせるそうだ。保母は、血液型を頭に入れて子どもを観察、保育の参考にするのだとか。

保母の毎日の丹精ではぐくむ保育の力や子供を見る眼力よりも、血液型による判断の方が頼りになるということだろうか。だったら保母の職能とはいったい何なのだうか。

保母を愚弄するにもほどがある。

血液型性格判断。トンデモないものである。

血液型性格判断のウソ・ホント (講座・超常現象を科学する)

血液型性格判断のウソ・ホント (講座・超常現象を科学する)

  • 作者: 草野 直樹
  • 出版社/メーカー: かもがわ出版
  • 発売日: 2001/07
  • メディア: 単行本

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。