近藤誠氏の「がんもどき理論」を批判する『医療否定本の嘘』

 

医療否定本の嘘
近藤誠氏の「がんもどき理論」は、いまだに根強い信者がいるようである。勝俣範之医師が近藤誠氏の「がんもどき理論」を批判するインタビューのスレッドが話題になっている。「がんもどき」理論といえば、まさにスケプティクス(懐疑的)に考えるべきテーマである。

『2ちゃんねるニュース速報』という、Web掲示板『2ちゃんねる』でたったスレッドのうち、レスポンスの多いものを一覧表示するサイトで、勝俣範之医師が近藤誠氏の「がんもどき理論」を批判するスレッドが上位に来ているのだ。

それは、『医療否定本の嘘』(扶桑社)という勝俣範之医師の自著PRインタビュー記事を紹介しているに過ぎないスレッドだが、それでもレスが多くつくということは、勝俣範之医師が批判の対象としている、近藤誠氏の「がんもどき理論」に対する関心の高さを物語るものなのだろう。

医師による、近藤誠氏の「がんもどき理論」批判は、著書になったものも含めて、今に始まったことではなく、これまでいくたびとなく、幾人となく行われてきた。

このブログでも書いたことがある。

がんもどき理論を信じるあなたに教えたい近藤誠医師の2つの矛盾
がん治療新素材、抗がん剤否定派は恩恵にあずかれないね

「がんもどき」理論曰く、「がん」には他臓器に転移する「本物のがん」と、転移しないから慌てて治療しなくても命を落とすことのない「がんもどき」の2種類しかない。

「本物のがん」は現在の医学では治せない。

「がんもどき」は慌てて治療する必要はなく、最小の治療か経過観察でいい。

どちらにしても「がん」は必死に治療する必要はない。

だから、抗がん剤などの厳しい治療だけでなく、健康診断による早期発見自体無意味であるだけでなく有害である、というものだ。

たしかに、進行しないがんが存在するのは事実だが、しかし、それは最初から見分けることができない。

したがって、発見したがんを軒並み「放置」するという近藤誠氏の「がんもどき」理論は間違いであり乱暴である。

もちろん『医療否定本の嘘』にもそれは書かれている。

それとともに本書では、がんは「がんもどき」と「本物のがん」の2極だけでなく、中間層や例外にあたる「延命・共存できるがん」もあり、それは医学の進歩で増えてきているが、近藤誠氏の「理論」にその概念はないことも指摘している。

本ブログで例を上げたが、大腸がんが転移して6度手術した関原健夫氏は、病気が広がっていた「本物のがん」だが、諦めすに治療(切除)をしたから助かった。

元チェッカーズの高杢禎彦は、02年11月に「食道、胃接合部がん」で大手術を行い、胃や食道や脾臓や肝臓や膵臓などに転移したため、それらを全部切除。

体には刀傷のように斜めに大きな傷跡が残り、手術から3年後には、担当医師から「開けても8割方ダメだろうって意見が大半だった」が「やってみなきゃ分からない」と半ばごり押しの手術だったと聞かされた。

現在も球界で活躍する、ソフトバンクホークスの王貞治会長は、胃がんでリンパ節2箇所転移していたが、当時はめずらしかった腹腔鏡手術を行い、「本物のがん」から生還して完治宣言をしている。

どう強弁しても、その人たちは「がんもどき」ではないだろう。

近藤誠氏の説では、立派に「本物のがん」である。

現代の医学は、こうした例は枚挙に暇がないのである。

つまり、転移したステージ3からの生還も決して珍しくないということである。

現代医学では、その「延命・共存できるがん」こそが、現在の医学では生存率、延命率を上げるキーワードになっているのだ。

過去にがんになっても、治療してその後の人生を元気に過ごした人たちは、みな「がんもどき」と思い込まないと、近藤誠氏の「がんもどき」理論はつじつまがあわない。

無理があるつじつまだが、信者たちは、現実に無理にでもそう信じているのだろう。

医療を宗教化する主観自体は自由だが、そうした現在の医学の課題や努力から、目を背けてしまうのは大変残念というか、もったいないことではないだろうか。

近藤誠医師の話を鵜呑みにして、「本物のガンだからたたかわない」などと諦めていたら、関原健夫氏も、高杢禎彦も、王貞治会長も、みんな今頃はお星様になっていただろう。

人は信じたいものを信じる

筆者は、「がんもどき」理論を信じたい人について考えてみた。

頑迷な「がんもどき」の信者は、重篤な病気の深刻な現実と向き合えない弱い人間や、身近に治療の甲斐なく亡くした経験のある人が、がん治療そのものを否定することで自分の気持に折り合いを付けるべく、今の標準治療を否定して「ガンは放置しろ」という「低きに流れる」説に飛びついているのだと思っている。

しかし、だからといって、同情もできないし、捨て置くことも出来ない。

それによって、貴重な治療の機会を逸したり、Web掲示板に間違った情報を書き込んで広めたりすることは防ぎたいと思うからである。

本書では、「がんもどき」理論が一部大衆の心をつかんでいる理由は、無知や弱さやトラウマの他に、医療不信もあるのだろうと見ている。

ドクハラ、医療過誤、封建的な医学界のイメージ(実際に封建的なのだろうが…)

大衆が、医療に対して心配するキーワードはいくつもあるわけだ。

そして、「がんもどき」はともかく、がんの部位によっては、早期発見を目指すことがが有効な場合とそうでない場合があるのも事実である。

早期発見の有効性や検査方法などについては、医師や医学者の間でも議論が重ねられている。

医学は、まだできないことがたくさんある。無謬でも万能でもない。

しかし、日々進歩していることも確かである。

さすれば、その現実はきちんと認識したうえで、では何ができるのか、なにが出来ないのか、自分は重篤な病気になったらなにを求めるのか、そうしたことをきちんと頭のなかで整理できることが必要である。

過大な期待と勝手な絶望が、医療否定につながってしまったら、それは自分にとっても賢明ではない思考だと思う。

「がんもどき」理論に対してナイーブな信奉の残る人は、ぜひ『医療否定本の嘘』を一読されたい。

医療否定本の嘘

医療否定本の嘘

  • 作者: 勝俣 範之
  • 出版社/メーカー: 扶桑社
  • 発売日: 2015/07/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。