東日本大震災、隗より始めよ

 

057
東日本大震災は、国内観測史上、過去最大のマグニチュード9.0を記録した。死者、行方不明者の数は日ごとに増え、村や町、さらには市全体が壊滅状態になっている映像がテレビで中継されている。そのショッキングな光景から、やれ、募金をする、やれ、ナニナニをしようという声が国民の間に上がっている。その善意に水を差すつもりはないが、その前にちょっと気に入らないことを書いておこう。

スポンサーリンク↓

すでに前日あたりからそうなっていたが、米、インスタントラーメン、パン、納豆、牛乳などが、スーパーの棚からいっせいに消えた。スーパーだけではない。普段ならあまり買われている様子でもないディスカウントショップのそれらも綺麗に「完売」状態である。

筆者が住む地域(東京・城南地区)のスーパー「サミット」では普段、納豆は毎日売れ残り、その3分の1は賞味期限の関係から値引きを行っていた。100円かそこらの納豆が、30円引き、50円引きで売られているのだから、スーパーにとってはあまり旨みのない商品だろう。それでもそうやって売っていかなければならない程度の売れ行きだったのだ。

ところが、地震発生翌日には、すっかり棚が空になっている。インスタントラーメンも、カップ、袋ともどもきれいに売れていた。

いったい、筆者の地域の人間は、いつから店を空っぽにするほど納豆やインスタントラーメン好きになったのか。

筆者はすぐに、74年のオイルショックや93年の米不足を思い出した。

スポンサーリンク↓

あのときは、もともとのモノも少ないのかもしれないが、買い占めや買いすぎに走った自分勝手な消費者のために、より混乱が大きくなった。

筆者の推理は当たっていたようで、翌日になってマスコミでも、各地のスーパーの一部品不足を批判的に話題にし始めた。

情けない話だと思う。

宮城や福島のような被害のど真ん中にある地域ならともかく、部屋のモノがちょっと散らばったぐらいの首都圏で、なぜそんな終戦後のドサクサのような、はしたない状態になってしまうのか。

入荷が少なくなるといっても、東北、北海道地域からだけで、日本全国が壊滅しているわけではない。

こういう時だからこそ、みんなが普段よりも少しだけ我慢することで、大変な時期を乗り越えられるのではないか。

それなのに、世間が困ろうが、自分だけは困りたくないと、みんなが買いすぎに走った結果が、突然の品不足ではないのか。

身に覚えのある方。

ブログやメルマガで地震情報のリライトを行って善意の自分に満足するのもいいだろう。が、その前に、もっと基本的な所で自分の行動や心の居住まいに見直すべき点はないかどうか考えて欲しい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。