視覚障がい者を利用するオルタナティブ・ファクト、トートロジー

 

視覚障がい者利用、オルタナティブ・ファクト、トートロジー
視覚障がい者用の点字ブロックをめぐるスケプティクス(懐疑的)な話題がある。視覚障がい者にとっては、まさに道標となるものなのに、「共謀罪阻止」のデモによって塞がれた、とする画像つきのブログ紹介がFacebookタイムランに流れてきた。

スポンサーリンク↓

投稿には、「この夜間デモでは、点字ブロックをパイロンとバーで「規制」しています。」などとリンクされた記事に書かれている。

それをもって、「共謀罪阻止」のデモを中傷するという、まあはっきりいって、視覚障がい者をダシに使った卑劣なオルタナティブ・ファクトである。

しかし、「共謀罪阻止」のデモや、その参加者勢力を嫌う連中は、こうのたまうだろう。

「たしかに投稿の画像には、点字ブロックの横に、人の座り込みの列が見えるじゃないか」

そう。

だから、この限りでは、事実無根とか、フェイクニュースとは違うかもしれない。

しかし、これが、いつ、誰が主催者の、どんな場面でのことかは一切説明されていない。

視覚障がい者が、規制されているとする証拠となる光景も説明もまったくない。

ちなみに、投稿には、志位和夫、福山哲郎などが名指しされているが、投稿がリンクしている記事に埋め込まれた動画には、その人々は出てこない。

動画に登場するのは、政治家では、社民党の福島瑞穂副党首だけである。

要するに、もとになる出来事が証明されない怪文書のたぐいである。

さすれば、ある「事実(であることを主張する口実となる)」をもって、勝手に意図的な「真実」を描こうとしているわけだから、オルタナティブ・ファクトというのである。

投稿者は、「共謀罪阻止」のデモを中傷したいから、どこかから、点字ブロックに座り込んでいるデモの画像をつけて、「共謀罪阻止」のデモをやっている連中は、視覚障がい者の歩行を妨害してデモに酔いしれているように創作して「糾弾」している。

ある一場面を切り出した静止画をもとに、全体としての真実を歪める詐術を行っているのだから、典型的なオルタナティブ・ファクトだろう。

考えても見たらいい。

その連中は、お祭りや縁日で、点字ブロックの上に歩道に露店を出して、露天商だけでなく、その客までもが道を塞いで、視覚障がい者の歩行を妨害するのはなぜ糾弾しないのだろう。

露店は許可が必要であり、許可を受けた以上、公道を使うことが許されている。

では、デモはどうか。

スポンサーリンク↓

これも、警察に許可を出している。

公道を集会やデモに使う場合、道路交通法と都道府県の条例に基づいて、警察署に許可申請を行う必要がある。

具体的には、警察に集会・集団示威運動許可申請書を提出する。

つまり、祭りや縁日の露天商と同じである。

まあ、中には無許可でデモを行い、勝手に道路を占領することもないとはいえないかもしれない。

しかし、少なくとも、上の投稿ではそこは問題にしていない。

ならば、デモ自体を中傷することはできない。

デモ自体は、憲法で保証されたものである。

公共の安寧の保持に直接危険を及ぼす場合以外は、政治目的の右左に関係なく許可される。

視覚障がい者の歩行を邪魔することが目的としたり、実際に邪魔したりするデモならともかく、そうでないなら、そしてそのような立証ができないのなら、冒頭のFacebookの投稿のような表現は真実性を証明できない名誉毀損である。

いずれにしても、

視覚障がい者をダシに利用した卑劣さは許されるものではない。

……ということで、この問題は決着済みのはずである。

トートロジーは真実にアプローチできない

ところが、そのような趣旨で筆者が投稿にコメントしたところ、今度はこのような「反論」がついた。

それは確かにそうかもしれないが
しかし「共謀罪阻止」のデモに参加した人々も
障がい者のことなど真面目に考えちゃいないのだ

筆者はこれを読んで、冒頭の投稿以上に、悲しみと怒りを覚えた。

こういうコメントを、トートロジーという。

事実に基づく説明や反証を行っても、「でも……」と持論を手放さず、だけれどそれはたんなる自分の主観にすぎない。

こういう手合には、どう説明しても、「でもぼくはこう思う」と、表現が若干変わるかもしれないが、結局同じことを(つまり自分の主観)を延々と繰り返すのだ。

ならば、はじめから、特定の相手、もしくは不特定多数に自分の意見は発信しないことだ。

するだけ無駄である。

「共謀罪阻止」のデモに参加した人々が、視覚障がい者をどう思っているかなど、冒頭の投稿で議論したって何も出てこない。

言い方を変えれば、冒頭の投稿の画像は、「『共謀罪阻止』のデモに参加した人々が障がい者のことなど真面目に考えちゃいない」ことの根拠にはならない。

「『共謀罪阻止』のデモに参加した人々が障がい者のことなど真面目に考えちゃいない」ことを指摘したかったら、別のちゃんとした根拠を見つけることだ。

今回は、「共謀罪阻止」のデモが気に食わない側のインチキを暴いたが、「共謀罪阻止」のデモを行った側にもインチキはあるかもしれない。

しかし、客観的な根拠がない以上、そうだとはいえないし、今回のようなオルタナティブ・ファクトであってもならない。

低級な詐術や議論は卒業しよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。