障がい者福祉の税金投入は無駄?駄目な健常者は障がい者に嫉妬する

 

障がい者排除論が、ネットでは相変わらず活発である。まあ、議論するまでもなく人としてどうかと思うのだが、匿名で気持ちが大きくなっているのだろうか。インモラルと言うだけでなくスケプティクス(懐疑的)に考えて、そもそも障がい者はそんなに邪魔者なのか
障がい者排除論が、ネットでは相変わらず活発である。まあ、議論するまでもなく人としてどうかと思うのだが、匿名で気持ちが大きくなっているのだろうか。インモラルと言うだけでなくスケプティクス(懐疑的)に考えて、そもそも障がい者はそんなに邪魔者なのか、健常者に食わせてもらっているのか、そうじゃないだろう、ということを書く。

スポンサーリンク↓

まず、このまとめ記事をご紹介しよう。

知的障害少年が施設死亡「逸失利益」をめぐり両親損害賠償請求

東京・八王子市の施設から行方不明になり、死亡した知的障害のある少年の両親が、施設側から少年の「逸失利益」はゼロと示され、両親は「障害の程度などで差があるのはおかしい」として、男性の平均賃金を基にした損害賠償を施設側に求めた裁判である。

施設側は、少年が亡くなった責任は認めたものの、逸失利益について争う姿勢を見せたという。

要するに、知的障がい者の作業は「労働」なのか、施設による「お守り(おもり)」なのか、という争いである。

障がい者の尊厳を失わないような判決もしくは和解に期待するとして、ここで問題にしたいのは、もとの記事につけられたコメントである。

一部、読むに耐えないようなものが含まれている。

知的障害があると知りながら
殺さずのうのうと生かし、
その世話を施設にぶん投げた
両親の責任は?
産んどきながら自分で育てられないなら
サッサと殺しゃ良いんだよ、
不良遺伝子を残すな!!

は、さすがに論外にしても、

税金投入してる時点で国家としては
遺失利益はマイナス

むしろ金払うべきだろw

しかし税金の垂れ流しを回避出来たんで、祝い金(見舞金)として5円程払ってやれや()。

要するに、障がい者は社会的な生産力が低い(ない?)のに、福祉関係の税金を投入する社会の迷惑である、ということがいいたいらしい。

スポンサーリンク↓

しかし、本当にそうだろうか。

上記の施設は、障がい者に食わせてもらっている「障がい者サマサマ」ではないか。

施設は、障がい者の作業を「労働」と認めたくないそうだが、それはすなわち、障がい者の作業による成果物を商品と認めていないことになる。

だったら、施設はその成果物ではなく、障がい者を「雇用」することによる補助金という名の税金で事業が成立していることになる。

その施設は、自らがコバカにしている障がい者がいなかったら成り立たない情けない存在なのだ。

もちろん、このことは施設だけでなく、デイサービス、移動支援などの介護会社、リハビリ関係の医師、PTやOTなど、障がい者で仕事をしている人や会社のすべてがあてはまる。

そして、たとえば、障がい者で潤った会社が、他の事業を拡大し、それがまた社会に貢献する。

障がい者が内需をつくり、それによって経済が動いているのだ。

健常者が、障がい者を食わせているという見方は、明らかに誤りである。

まあもっとも、障がい者を叩く連中は、自分では気づかないかもしれないが、深層心理に障がい者に嫉妬する気持ちがあるのかもしれない。

なぜなら、自分は社会のお役に立っていないのではないか、というコンプレックスを抱えている人間にとって、障がい者が社会的に価値がある事実は、悔しいのだろう。

一昨日書いたように、障がい者の理解と支援という姿勢があってこそ、1994年、高齢者や身障者も利用しやすい建築物に対して認定する『ハートビル法』、2000年11月に『交通バリアフリー法』などが施行された。

ご存知ですか?エレベーター車椅子対応操作盤(副操作盤)のこと

障がい者のおかげて、町が福祉を豊かにしていくのだ。

そして、障がい者でなくても、それらの恩恵に我々も預かれる。

弱者の福祉政策を手厚くすることで、その町の「住みやすさ」は確実に底上げされるのだ。

目の見えない人は世界をどう見ているのか (光文社新書)

目の見えない人は世界をどう見ているのか (光文社新書)

  • 作者: 伊藤 亜紗
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2015/04/16
  • メディア: 新書

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。