汗をかくと風邪が治る、さすれば風邪をひいた時も入浴してよいか

 

汗をかくと風邪が治る、さすれば風邪をひいた時も入浴してよいか
汗をかくと風邪が治る、といわれる。熱を下げるために、水枕で頭を冷やしたり、脇を冷やしたりすることはあるが、身体自体は暖かくしろというのはそのためだ。ならばいっそまこと、風呂に入って汗をかいたらどうか。スケプティクス(懐疑的)な立場から今回も考えてみよう。

スポンサーリンク↓

いきなり結論だが、風邪をひいた時、風呂に入ってもいいかどうか、については、医師の間でも意見が別れている。

つまり、医学的に結論が出ていない話である。

では、汗をかくと風邪が治るというのは俗説なのか。

それについては、本当であろうと言われている。

ウイルスや細菌が侵入すると、体はそれを追い出すために、セキや鼻水で排除したり、体温を上げて応戦したりするのだ。

風邪は体にウイルス(細菌)が入って起こる病気だが、ウイルスは熱に弱いので、発熱によって退治するというのは、民間療法だけでなく今の医学でも常識である。

そのために、以前ほど解熱剤で熱を下げるという処方は見られなくなった。

しかし、高熱に弱いのは細菌やウイルスだけではない。

ほかでない、私たちの身体そのものが、熱で疲労する。

一般には、39度以上の高熱が出続けると大きな負担となり、41℃を超えると細胞が破壊されるという。

高熱が続き、聴覚がやられたり、脳障害が起こったりするのはそのためだ。

43度で、タンパク質は変質し始めるという。

私たちが発熱すると、38度でもかなり苦しいはずだ。

だが、同じ38度でも、それほど苦痛でない場合がある。

それは、入浴して温まったときである。

戦うための体温上昇では負担がかかるが、お湯で暖かくしたための体温上昇は、むしろ気持ちいいのである。

何しろ、入浴による体温の上昇でも、免疫力は活性化するという。

そして、38.5度になると、ヒートショックプロテインがもっとも活発に産生されるという。

風邪、ヒートショックプロテイン、入浴のトライアングル

ヒートショックプロテイン(HSP)というのは、熱や加圧や低酸素や放射能などいろいろなストレスによって、傷ついた体内の細胞を修復してくれるタンパク質のことである。

さすれば、どうせ高熱が出るのだったら、風呂に入って気持ちよく体温を上げればいいのではないか、と考えるのが順当だ。

そこで冒頭のテーマに戻るのだが、風邪をひいた時でも入浴してよいのか、という話である。

ヒートショックプロテインの研究者である伊藤要子氏は、「マイルド加温療法」という名前で、入浴による体温上昇でヒートショックプロテインの産生力を高めることを推奨している。

その伊藤要子氏は、まず、『HSPが病気を必ず治す』(ビジネス社)という自著にて、「風邪をひいたときの加温のしかた」という見出しの文章が記載されている。

スポンサーリンク↓

風邪を引いた2人の加温実践の被験者(学生)についての報告である。

1人は、風邪をひいてフラフラするので、加温はできないといって棄権。もう1人は、風邪をひいたといいながらも加温実験に参加してくれました。
 加温実験に参加した学生は、遠赤外線加温装置を使って、汗をしっかり出し(途中から寝ていました)、体温は38℃近くまで上がりました。加温時間は35分です。加温した学生は、1日後の筋肉痛の実験も元気に参加し、風邪はひどくなりませんでした。加温しなかった学生は風邪のままで対照的でした。
 お風呂での加温も可能