かつお節エキスが「BSEフリー」を謳う理由は、たん白加水分解物

 

ラーメンのタンパク加水分解物
かつお節エキス。もしくはかつお節エキスパウダー。どちらも、比較的廉価な加工食品やスナック菓子などの原材料で必ずと言っていいほどお目にかかる「調味料」である。食品に美味しさを加えるため、塩味とも違う独自の旨味であるアミノ酸を使うのだが、メーカーによっては、わざわざ「BSEフリー」を謳っている。しかし、「かつお節」由来なのに、なぜわざわざそんなことを断るのか。その理由はたんぱく加水分解物にあった。今日もスケプティクス(懐疑的)立場から考えてみよう。

スポンサーリンク↓

鰹節エキス、かつお節エキス。表記はいろいろあるが、比較的廉価な、たとえばインスタントラーメン、インスタントカレー(レトルトカレー含む)、煎餅、スナック菓子などに、かつお味の調味料がしばしば使われている。

この場合、「カツオエキス」と「かつお節エキス」とがあるが、まあどちらもおおもとは鰹だから同じであろうと思っていた。

しかし、その2つには違いがあった。

ある調味料メーカーの公式サイトを見ると、「カツオエキス(パウダー)」にはなくて、「かつお節エキス(パウダー)」にある文字が気になった。

それは、「BSEフリー」である。

カツオエキスというのは、鰹、場合によってはそれに加えて鯖等の魚の煮汁を濃縮加工したものである。

かつお節エキスというのは、かつお節、場合によってはそれに加えてサバ節の煮汁を濃縮加工したものである。

全く同じことを書いているのだが、片方だけが「BSEフリー」と書かれているのだ。

これは気になるだろう。

つまり、本来「かつお節」と「牛の危険部位」は別物なのに、わざわざそれを断るということは、「かつお節エキス」というのは、「牛の危険部位」を使うことがあり得る、ということなのだ。

どうしてだろうと思い、その「BSEフリー」と書かれているメーカーにたずねてみた。

会社によっては、「鰹節エキスパウダー」が「BSEフリー」とことわっているところもあります。
「鰹節」でありながら、ウシ由来のものを使うことがあるのでしょうか。

すると、回答をくれたメーカーは、

「鰹節エキスパウダー」を構成する原料には、場合によっては牛由来の原料を構成の一部として用いる事もある。

と、事実上、「鰹節エキスパウダー」に「牛の危険部位」が使われる場合があることをはっきり認めたのである。

スポンサーリンク↓

タンパク加水分解物が“真犯人”だった!?

これは偉いことである。

しかし、鰹節自体は、鰹から作るものであり、牛の危険部位ということはあり得ないだろう。

まさか、牛の脳を乾燥させて、かつお節です、などといあことは考えられない。

ということは、かつお節そのものではなく、エキス(パウダー)として、味や風味、コクなどを整える調味料にそれが含まれているのであろう。

砂糖や塩にそれはない。

さすれば、考えられるものはただひとつ。

たんぱく加水分解物である。

タンパク加水分解物というのは、動植物の、もはや売り物にならない部分を、酵素や塩酸を使って分解し、そこから取ったアミノ酸のことをいうのである。

「動植物の、もはや売り物にならない部分」というのは、たとえば大豆の搾りかすであり、鳥の肉を使うためにむしった羽であり、豚の内臓であり……といったものである。

牛の危険部位が、そこに混入する可能性がある、というわけだ。

そもそも、タンパク加水分解物は、塩酸による分解が、発がん物質を生成させるとして、問題になっている。

その上、BSEの心配もあるわけだ。

一説には、塩酸による分解は、プリオンの不活化に有効であるという説もあるが、それは筆者にはわからない。

ただ、タンパク加水分解物が危ないとなると、かつお節エキスパウダーだけでなく、カツオエキスパウダーであっても、それとは別個にその食品にタンパク加水分解物が使われていたら、同じことである。

まあ、牛エキスと同じで、可能性として否定できないというだけで、何が何でも禁忌というほど切羽詰まった確率ではないのだろう。

気持ちが悪ければ、それは避けるに越したことはないが、ただ、冒頭に述べたように、タンパク加水分解物を使った食品はたくさんある。

それをすべて避けるというのは、なかなかむずかしいかもしれない。

気になるあの成分のホントがよくわかる! 食品添加物キャラクター図鑑

気になるあの成分のホントがよくわかる! 食品添加物キャラクター図鑑

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 日本図書センター
  • 発売日: 2015/10/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。