大槻義彦さんは原発「農作物への影響」について農産物廃棄に反対「洗って喜んで食べさせていただく」と検査すら否定

スポンサーリンク↓

ikarinoonnanoko
大槻義彦さんについて引き続き書きます。前回の文章で、「せせら笑う」という表現を使いましたが大槻義彦さんにそのような事実があったことを確認したわけではありません。そこは筆が滑った筆者の創作です。お詫びいたします。もちろんその表現が論旨を左右するものではありませんが、その「事実無根」を口実に、記事を全否定されても困るのでその部分は「見下すような」と表現を修正させてください。よろしくお願いします。

さて、前回の続きです。

大槻義彦さんは「農作物への影響」について、農産物廃棄に反対し、
「全部うちに持ってきて欲しい。洗って喜んで食べさせていただく。
怖がる必要などない。菅首相もO-157のカイワレと同じく食べるべきだ」と
コメントしています。

この方の話は
地域や性別や年齢による被曝の危険度によって
分けて論考していない時点で、全く科学的ではないのですが
これはまた一段とひどい言い草です。

お望み通り、菅直人総理はキュウリのまるかじりという
パフォーマンスをやっていたようですが
あれは出荷停止や摂取制限でないものでしょう。

考えても見て下さい。
政府が出荷停止や摂取制限をしている時に
トップが、それを食べるパフォーマンスをしたらおかしいでしょう。
現実としてあり得ないでしょう。

大槻義彦さんが原子力物理学者として「野菜は安全」といいたいのなら、
その根拠を示せばいいだけの話です。

全部食ってやる? いったい、何十万トンあると思ってるんですか。
現実としてあり得ないネタ話を平気で出来るのは
いったいどういう了見によるのでしょうか。

農家の方々だって喜びません。
というより、さらに傷つけることになります。

いったい農家の苦しみを何だと思っているのでしょうか。
ふざけないでほしいです。

挙げ句に大槻義彦さんは、
「政府には隠し事はない」と言い張っています。
これもまた、今現在で見ればもちろんのこと
記事が出た3月30日の時点で開いた口がふさがりませんでした。

被災地でないヒトの「安全性」のみを根拠に、国民の騒ぎ方を
「専門家とは温度差がある」などとしているが、
「騒ぎ」の根源(政府・東電・御用学者の責任)についてスルー
それどころか、政府の要人でもないくせに
政府には隠し事はないと
御用学者ですら言わない政府擁護を言い張っている

たとえばSPEEDIのデータ非公開、震災発生直後の
ベント指示問題といった山ほどの事実をどう見るのでしょうか

上杉隆さんら自由報道協会による「原発事故」取材の報告
pt1→http://www.youtube.com/watch?v=O0CRuajD6C8
pt2→http://www.youtube.com/watch?v=0ur1dyhLtys
pt3→http://www.youtube.com/watch?v=o91IDAxrNG8
pt4→http://www.youtube.com/watch?v=eMZMfpiOD8Q
pt5→http://www.youtube.com/watch?v=f_ELXK3oaNw
ラスト→http://www.youtube.com/watch?v=ZhlwTXxyfm4

大槻義彦さんは、この動画の中で上杉隆さんが具体的に指摘している
「政府のデマ」「東電の隠蔽」「国際社会における日本の評価」などに
ついて、きちんと回答をしていただきたいものです

……が、たぶん回答できないでしょう。

それは、
結局大槻義彦さんは
今回の詳細をよく知らない上に
安全な所から
限られた知識を絶対化して
さかしらに、居丈高に叱りとばす
いつもの「聞き書き」でモノを言っているだけだからです。

ここでみなさんに教訓にして頂きたいのは

「原子力物理学の専門家」を名乗っているからといって
「原子力問題の専門家」ではない、
ということです。

ここは、すごく重要なところです。

その事象・現象をなす関連個別科学諸分野の一学者であるというだけで
その事象・現象のあらゆる問題に答えられるわけではないのです。
にもかかわらず、さかしらに口を出し、
結論は、いつもの「理系の専門家でない奴はもの知らずで間違える」という
物理学のプロパガンダ。

多数の死者・行方不明者を出し
環境・経済その他さまざまな面で大きな損害をもたらした
こんな「国難」のときに、ふざけんな!
というが筆者の意見、いや、怒りです。

筆者は、ジャパンスケプティクス(JapanSkeptics)という
疑似科学批判をたてまえとする
小サークルを離れましたが、

同サークルで筆者は、大槻義彦さんの後釜で副会長をやっていました。
(正確には大槻義彦さんの次の次なのですが)

スポンサーリンク↓

同会が筆者が離れる直前のままの体質なら
おそらくは、
今回の災害について
狭い訓詁学の見地から、国民の「無知」を叱りとばす
レポート・論文が、ゾロゾロ機関誌で発表されているのだろう
とは思っていました。

が、大槻義彦さんの暴論談話は、筆者の予想を超えるものでした。

たとえば、原子力物理学の専門家が、一般国民に比べて
原子力物理学について詳しいのは、あったり前の話で
そもそもその「知識の差」を前提とした叱りとばしは、
同会が目指す「啓蒙」とは
縁もゆかりもない、たんなる自画自賛に過ぎません。

その「物理学」がいかなる価値と仕組みで社会に使われたのか
今回に限らず、国民を啓蒙する上で大事なことはその検証であり、
国民の知りたいことです。
原子力物理学からみた放射能の数値の真偽や
その知識のひけらかしではないでしょう。

筆者が、松田卓也さんが率いて大槻義彦さんが復帰した
ジャパンスケプティクスと根本的に異なる立場であるのは
同会の論文・レポートが
ときには観念論的に「非理系者の無知」「マスコミ原罪」論を
指摘する立場を鮮明にしているのに比べ

筆者は、

・疑似科学のおおもとの製造者は学者等専門家や為政者、
企業など社会・国民をコントロールできる側

・それを良くも悪くも広める者(疑似科学を広めることもあれば、
その克服にも貢献しうる)はマスコミ

・その受け手は国民

という社会のおおまかな役割やメカニズムを見失うことなく
ものを考えているということです。

つまり、疑似科学というのは国民において
「無知」が自らの首を絞めることはあったとしても
おおもとの責任を問うべきスジアイではないという立場です。

そこが、問題解決において
理系知識(だけ)にことさらこだわる人びととは異なるところです。

たとえば、大槻義彦さんは、
私たち専門家と国民は放射能について
「温度差」があると東スポでコメントしています。
要するに、国民が専門家ではない(無知だ)から放射能を過剰に恐れる
ということらしい

でもこれは、よく読めば中学生でも分かる矛盾です。

無知なら、そもそも恐れる根拠すら認識しません

では国民は、何をもって「過剰に恐れる」のか。
そのソースは書籍やテレビやネットなどであり、
そこで、おおもとの情報を流している者です。
「過剰に恐れる」根拠は、メディアを通して
専門家が流しているのです。

被曝について「低い数値でも怖い」という専門家と
「低い数値だから問題がない」という専門家がいる。
国民が迷うのは当然でしょう。

大槻義彦さんはその点の分析や批判等は一切口をつぐんでいます。
国民が迷う原因を真面目に見ようとしないで
「温度差」などといって国民の「無知」に
一切の責任を押しつけているのです。

「では、お前は何が正解というのか」
という「疑似科学自称否定派の学者」の信者たちの
感情的な質問にお答えするならば、

現在進行中のことなのですから
「今の段階で、大丈夫なことと、有り得る心配」をはっきり
区別してケース別(地域や性別や年齢等)に示すことです。

そして、「有り得る」ことが現実にならないために
防げることを具体的に提案するのです。

超自然現象や疑似科学を科学的、批判的に……
などと威張っている疑似科学批判の「識者」で
それをきちんと行っている人を筆者は知りません。

いたら教えて下さい。

話は戻りますが
「原子力物理学の専門家」だからといって
「原子力問題の専門家」ではない。

これは言い換えると
○○物理学の専門家だからといって
疑似科学問題の専門家ではない、
ということです。

一部の疑似科学否定派・懐疑派としての立場から
発言する学者たちをカルト的に信じるみなさん。

今回の大槻義彦さんの行きすぎた談話を
よすがとしてお考えいただきたいと思います。

スポンサーリンク↓